NECKTIE/WORM
EXPLANATIONネクタイ・ワーム解説

FREE SLIDE
NECK TIE

上質のシリコンラバー製で柔かく
しなやかな素材を実現

ラバーがゆっくりフォールする「スタンダード」。 2本のカーリーがまとまったアクションを起こす「ツインカーリー」。複雑な水流を生み出す「ドラゴンカーリー」他、それぞれ6種類のパターンで鯛にアピールし、また豊富なカラーバリエーションでお好みのカスタマイズを楽しめます。

庄山 英伸

庄山 英伸

ラバーネクタイはヘッドの動きとの関連性が高いもの、しかしハヤブサでは、敢えてヘッドの動きに頼らないものも複数ある。例えば、ドラゴンカーリーはツイスト状に激しく動き、またロングネクタイは全く動かない状態であっても、ピンテールが微かに揺れて魚を刺激する。それぞれにカラーも豊富で、状況に応じて使い分けることが肝要だ。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

6種類のラバーネクタイがラインナップされている無双真鯛フリースライドシリーズの中で、他社と大きく区別されるのがドラゴンカーリー。独創的な形状による艶かしいアクションは申し分無い。しかし、フックに絡み易いという欠点もあるため、使用時はショートフックセッティングをオススメしたい。

FREE SLIDE
WORM

反応しにくい状況の中
驚きの反応を呼び起こす

通常のネクタイでは反応しにくい状況の中、驚きの反応を呼び起こす「ソフトマテリアル」を採用しました。
鯛ラバにおけるカスタマイズの幅を広げると同時に、更なる可能性と楽しさを演出します。ストレートとカーリーの2タイプ。

庄山 英伸

庄山 英伸

匂いつきワームは2種類。カーリー系の動きを出すものと、パドル系の形状で水押しを行うもの。それぞれのヘッドに組み合わせ、ヘッドの動きと匂いで真鯛を寄せるためアイテム。マテリアルの柔らかさにもこだわり、匂いと共に長くバイトさせる工夫が凝らされている。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

プロトのテスト段階からこのワームを使っているが、初めてワームを使った時の衝撃は今でも忘れられない。時期的に真鯛の活性も低く「絶対にボウズだろう」と挑んだ初テストであったが、蓋を開けてみるとヒットの連発。鯛ラバとワームがミスマッチと考えていた私の頭の中が、180度ひっくり返った瞬間だった。

NECKTIE/WORM TYPE ネクタイ・ワームタイプ

FREE SLIDE NECK TIE

FREE SLIDE WORM

遊動式タイラバ(鯛ラバ)無双真鯛フリースライド スタンダード

STANDARD
スタンダード

水に良く馴染み、わずかな水流にも反応します。
また、豊富なカラーバリエーションで、あらゆる状況においてもアピールでき、様々な魚種に対応します。

庄山 英伸

庄山 英伸

ラインナップの中では最もナチュラルな波動を生む形状。 シルエットをコンパクトに抑えたい時は最適だと考え、
そのようなシチュエーションで多用している。
例えば、ベイトサイズが10cm前後のイワシなどの時に、特に釣果が良いようだ。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

スタンダートなストレートネクタイはオールシーズン対応ではあるが、役割分担可能な数種類のネクタイが存在している今は、低水温期のメインネクタイとして私は位置づけている。
もちろんシンプルチューンも効果大。スカートの数を減らしたり、ネクタイを細く短くカットすることにより、低水温・低活性時の真鯛に口を使わせるようにしている。
遊動式タイラバ(鯛ラバ)無双真鯛フリースライド フィンテールショート

FIN TAIL SHORT
フィンテールショート

わずかな水流にも反応し、生命感のあるアクションへと変換します。
一口サイズのショート設計で、ショートバイトがあるのにフッキングしない状況下において効果を発揮します。

庄山 英伸

庄山 英伸

左右の先端がそれぞれ異なる波動をおこし水を動かすアイテム。
波動の強さはキープしつつも、全長の長さは短いという特異な形状だ。鯛ラバの全長と波動の強さを考慮し組み合わせると良いだろう。 瀬戸内海エリアではもはや定番となった必須アイテムである。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

瀬戸内海で最も実績の高かったネクタイ。現時点での私のエースネクタイでもある。
ショート設計のため、追加ワームとの相性も抜群で、 高活性時は必ずワームと併用して使用している。ワームと併用した場合、前部ではネクタイアクション、後部ではワームアクション、前後2段階の異なるアクションで真鯛にアピールする面白さがある。
遊動式タイラバ(鯛ラバ)無双真鯛フリースライド ロングストレート

LONG STRAIGHT
ロングストレート

高速巻きにおいては水切りキビキビアクションで逃げ惑う小魚を演出。長めのシルエットが高速巻きにおいてもしっかりと存在感を見せつけます。
低速巻きでは、より長く伸びたストレートテールがバランスを失い、虫エサのようなアクションを演出。変幻自在の生物的アピール力で鯛の本能を刺激します。

庄山 英伸

庄山 英伸

ラインナップの中で長さが最長のアイテム。
ベイトを意識した組み合わせはもちろん、ヘッドの動きと巻きの速度次第で蛇行するような動きも再現可能だ。
速巻きでは先端だけの微波動アクションも演出できる。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

ハイアピール系のロングネクタイは意外と使っている人が少ないようだ。
「こんな長いので食いますか?」と聞かれたこともあるのだが、状況さえマッチすればロングネクタイにチャリコサイズも普通にアタッテくる。シルエットを大きく見せる役割をしているため、私は鉛ヘッドとの組み合わせを好んでセットしている。
遊動式タイラバ(鯛ラバ)無双真鯛フリースライド ツインカーリー

TWIN CURLY
ツインカーリー

2本のカーリーがまとまってアクションするため、複雑な一つの動きとなって見えます。また、お互いが干渉しあってふらつきアクションを誘発します。
状況に応じてカットすることにより、その時に合った仕様にカスタマイズできます。

庄山 英伸

庄山 英伸

大小異なるサイズのカーリーを組み合わせて、波動に変化を付けたタイプ。
シーンに応じて、現場で手早くスリットを深く入れるなど、波動の強さを調整(=大きく)できるのも魅力だ。
カーリー系のネクタイで簡単に調整できる、数少ないアイテムの一つと言える。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

強波動系のドラゴンカーリー、トリプルカーリーが存在する今、ツインカーリーはどちらかといえばストレートネクタイに近い扱いをしている。
ストレートを使っている状況で少し目線を変えたい時に、ツインカーリーを選ぶことが多い。フック絡みなどのトラブルが少ないのも特長であるため、ディープエリアでもよく使っている。
遊動式タイラバ(鯛ラバ)無双真鯛フリースライド ドラゴンカーリー

DRAGON CURLY
ドラゴンカーリー

これまで見たことのない驚愕の生物的アクションが鯛の本能を刺激します。
柔毛のようなリブ全てで水をとらえ、攪拌(かくはん)することで複雑な水流を生み出し、魚にアピールする「ウルトラローリングアクション」が特長です。

庄山 英伸

庄山 英伸

コークスクリュー状の動きが珍しいカーリータイプで、
その動きは遠くからでも存在に気付いて貰える。
折りたたんだ状態からは分かり辛いが 実は全長が長く
ベイトサイズを意識した使い方を選択することが可能だ。
シーンに合わせてカットすることで、アピール力を弱め調整することができるのである。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

ハヤブサ完全オリジナル形状のドラゴンカーリーは独特な強波動を発生させる。
瀬戸内海では産卵後の荒食い時期(夏場)に実績大で、
特にピンクとブラックがよく釣れるため、私の周りでは「ピンドラ」「ブラドラ」と呼ばれている。
ただ複雑な形状ゆえ、フォール時においてフックに絡む確率が他のネクタイに比べて若干高く、ディープエリアより シャローエリアでの使用がオススメだ。
遊動式タイラバ(鯛ラバ)無双真鯛フリースライド トリプルカーリー

TRIPLE CURLY
トリプルカーリー

それぞれのカーリーが違う波動を生み出し桁外れの演出力で真鯛を惹きつけます。
バタバタと激しく水を掻き回すダブルカーリーと大きなスライドで水を掻き回すビッグカーリーが組み合わさりトリプルアクションを演出します。

庄山 英伸

庄山 英伸

最近の鈎はフッ素コーティングされたものが主流のため、少し触れただけでもよく刺さる。その上、カーリー系ネクタイはその形状ゆえ鈎絡みが多いのも事実だ。
カーリー系ネクタイのそのようなデメリットを考慮し、
可動域を損ねずトラブルを極力抑えているのがこのアイテム。現在、ラインナップの中で最大のアピール力を持ったネクタイだ。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

ドラゴンカーリーに続くハヤブサ完全オリジナル形状である強波動系のトリプルカーリー
3つのカーリーネクタイが互いを干渉することなく見事なまでにアクションし、フックへの絡みも滅多に起きない驚きの設計となっている。開発担当の発想の豊かさと技術力の高さが形になったネクタイだろう。
どのシチュエーションにマッチするか検証するのが今シーズンの 私の課題でもある。
遊動式タイラバ(鯛ラバ)無双真鯛フリースライド ワームストレート

WORM STRAIGHT
ワームストレート

通常のネクタイでは反応しにくい状況の中、驚きの反応を呼び起こす「ソフトマテリアル」を採用したストレートタイプ。
鯛ラバにおけるカスタマイズの幅を広げるカスタムアイテムです。

庄山 英伸

庄山 英伸

水の抵抗を受け良く動きアピールする、パドルテール状のワームネクタイ。
匂いを含んだネクタイは、動くことによりその匂いを拡散するが、このようなタイプのワームに早い段階で取り組んできたのがフリースライドワームだ。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

ボリュームのあるストレートネクタイと思って使用している。もちろんフレーバー効果も絶大だ。
瀬戸内海において色々なセッティングを試してみたところ、個人的には 1本付けより2本付けの方が効果があるように感じた。ストレート2本のみでも良いが、ストレートネクタイとの併用でも実績が高いためオススメだ。
遊動式タイラバ(鯛ラバ)無双真鯛フリースライド ワームカーリー

WORM CURLY
ワームカーリー

通常のネクタイでは反応しにくい状況の中、驚きの反応を呼び起こす「ソフトマテリアル」を採用したカーリータイプ。
鯛ラバにおけるカスタマイズの幅を広げるカスタムアイテムです。

庄山 英伸

庄山 英伸

リザード状のワームでそれぞれの小さなカーリーが、微波動を起こすのが特長だ。
匂いの拡散効果と共に、水流を動かすそれぞれの動きが、 視認性の悪い環境(濁りやローライト)でも真鯛に効果的なアピールをしてくれる。
川畑 篤孝

川畑 篤孝

激シブ時期の鳴門、プロトタイプのテスト時に私のワームへの認識を変えたのがこのカーリーだ。
ワーム否定派であった私にとって、このカーリーでの爆釣劇は衝撃的であった。
単体でもよく釣れるのだが、食いの渋い時には手足の部分を切って微波動のストレートにチューンするのも効果的。
ちなみに、切った部分は捨てるのではなく、フックへのチョン掛け用にすると経済的だ。