WHAT’S TAI RUBBER遊動式鯛ラバとは

近年ルアーフィッシングとして、爆発的に広がりつつある『鯛ラバ』
ヘッド(オモリ)にラバースカートやネクタイ、ワーム、フックなどを取り付けたものを使用した釣りのことを指す。釣り方は“落として巻き上げる”というシンプルなもの。しかし、シンプルでありながら「誰でも夢の大鯛を狙える釣り」であること、そして「シンプル故に奥深い」ということが『鯛ラバ』の一番の魅力だ。

真鯛(マダイ)釣果 鯛ラバ(タイラバ)

HOW TO USE TAI RUBBER鯛ラバの釣り方

釣り方

無双真鯛フリースライド 鯛ラバ(タイラバ)の釣り方

参考タックル

無双真鯛フリースライド 鯛ラバ(タイラバ)の参考タックル

基本操作
「鯛ラバを真下に落として着底後、船長が指示するタナまで巻き上げる」

釣り方のコツ
巻きスピードは一定(=等倍に)
慌ててアワせてしまうと鯛は逃げていくので、アタリが出てもそのまま巻き続けます。これが「向こうアワセ・乗せ」と呼ばれる釣り方です。
釣り方のコツ
状況に応じたパーツ交換
状況を確認する方法として、①同船者との釣れているタナや巻きスピード等の「情報交換」②周囲で釣れている「ヘッドタイプ・カラー」を確認する、等があります。
釣り方のコツ
ポンピング禁止!
魚が掛かったら、竿をやや立てて一定スピードで巻き取ります。この時、竿をしゃくっては糸を巻き取る「ポンビング」と呼ばれる動作は行わないようにしましょう。鯛の急な動きに対応できず、バレる原因になります。
釣り方のコツ
魚を弱らせる
魚が強く引く時は巻くのを止め、竿の角度を変えずにキープします。無理に巻いたり引いたりしてはいけません。魚が疲れて動きが弱くなったら再度糸を巻く、を繰り返しましょう。

応用編
中〜上級者向け

応用ポイント
ドテラ流し
魚の居るタナに少しでも長く鯛ラバを通すため、キャスティングや、船を流す(=ドテラ流し)という方法をとる場合があります。
船を風下または潮流の流れに任せる「ドテラ流し」では、鯛ラバを投入した時点から、水中の鯛ラバと道糸ラインは三角形の斜辺のような角度となっていきます。アングラーにとってのメリットは、真鯛が回遊するレンジ(水深)を距離的にも時間的にも長くトレースできる点、また真鯛にとっては、水深の変化が少ないので長く鯛ラバを追うことができると想像されます。
応用ポイント
掛けアワセ
鯛ラバの基本は先述の通り「向こうアワセ」ですが、最近ではアタリと共にアワセる「掛けアワセ」を選択する方も増えてきています。「掛けアワセ」の大きな特長は、“フッキングを楽しめる”こと。鯛が掛かるのを待つのではなく「掛ける楽しみ」を味わいたい、よりゲームとして鯛ラバを満喫したい、そんな中~上級者の方向けの釣り方です。

THE DIFFERENCEBETWEEN FREE AND FIXED SYSTEMS遊動式と固定式の違い

鯛ラバは大きく「固定式」「遊動式」という2つのタイプに分けることができます。ヘッド(オモリ)と、ラバースカートやネクタイ、ワーム、フックなどが一体化したものを固定式、反対に全てのパーツが分離可能なもの、特にヘッドとフック、ラバースカート部分が分離するものを遊動式と呼びます。どちらにもメリットはありますが、現在メインになりつつあるのが遊動式。
固定式に比べて“バラシの減少”、“とれるアタリ数の増加”といった点で釣果を伸ばしやすいことが理由であると考えられます。さらに釣果だけではなく、アングラー目線からのメリットもあります。他の釣りと同様、時合を逃さないことが非常に重要になる鯛ラバ。
その日に良くあたるカラーや、ヘッドの重さ、鈎の大きさなどがある訳ですが、遊動式であればパーツの交換・脱着が容易に行えますので、状況に合わせてすぐに対応できることが大きな特長です。

無双真鯛フリースライド 鯛ラバ(タイラバ)の遊動式と固定式の違い

ハヤブサは逸早く遊動式鯛ラバに注目し、豊富なラインナップを築いてきました。鯛ラバを始めたばかりの方は全てがセットされているコンプリートモデルで、「自分で考えた組み合わせで鯛を狙いたい」、そんなアングラーは自分流のカスタマイズで。『遊動式鯛ラバ』の楽しみ方は、無限大です。